【バストケア】バストの土台は呼吸でつくる

おはようございます
中村ひろ美です◡̈⃝︎⋆︎*


この週末は先月に引き続き
ヨガ指導者養成講座に参加していました

{F8A2FA68-D9DC-46EB-AACF-1622395EDC26}



私が今回ヨガを学んでいる理由は
バストケアに活かすため


セラピストとしての目線だけでなく
運動指導者としての目線からも

バストやバストケアについて
より深めていきたいと思っています





特に今回は
バストと関係の深い呼吸について
呼吸ヨガのクラスでしっかり学んできたので

バストと呼吸の関係について書いていきますね!

{995E3B07-7DEE-4A9F-8B93-62A0FC5AD404}


今まで
3000人以上の女性のバストケアを担当

セラピストとしては15年以上
女性の身体と心に向きあってきましたが


そんな中、日々感じてきたことは
深い呼吸ができない女性が多いということ


そしてそれに伴い

自律神経の乱れや
女性特有のトラブルを抱えている女性が
とても多いことにも気付かされました




実は

女性のケアに関する様々な施術を行ってきた中で
その呼吸という部分にアプローチ出来たのが
バストケアだったのです



バストケアにいらっしゃる女性の
ケアの目的は皆様それぞれ違いますが


バストケアによって
バストやバスト周辺を緩めことで

・胸が軽くなった
・胸が開いた感じがする
・呼吸が楽になりました

と、ほとんどのお客様が仰います


もちろんそれは
私自身も自分のケアをしていて実感していること^o^




不透明なストレスも多く
知らぬ間にストレスフルになっている現代

女性が仕事に家庭に様々な役割を担い
頑張り過ぎている現代

そんな時代の女性にとって
バストケアが必要なケアだと感じた
理由の1つでもあります




何故なら


胸が開くことで気持ちも前向きになり
呼吸が深く楽にできることで
心と身体がリラックスできるから・・・




バストの美容という部分でも
呼吸には重要性があります



呼吸がしっかり出来ることで
外からの気を体内に取り入れて
巡りの良い状態をつくることができる
巡りによって酸素が体内に運ばれ
バストにも届く
栄養だってホルモンだって
全て巡りがあってこそのものです!!!




バストに良いものを!
と一生懸命食事に気を付けたとしても
巡りがなければ効果は薄れてしまいます(涙)





但し

サロンでのケアで一旦緩んだとしても
日々の中でしっかりと使っていかないことには
また硬く閉ざされてしまう・・・




それが呼吸とバストに深く関係している
胸郭です


大胸筋と同じくバストの土台でもある
胸郭(肋骨ですね)を動かすことこそが
バストの土台作りにはとても大切!



呼吸によって胸郭を膨らます⇄閉じることで
肋骨と肋骨の間の肋間筋に柔軟性が生まれます

もちろんその上にある大胸筋にも
しなやかな柔軟性が生まれてきます



すると・・・



開きっぱなしでロックされてしまっていた胸郭は
自然と閉じるようになり
☆アンダーバストのサイズダウンやバストの横流れの解消にもつながります


硬く閉じて丸みを失いペッタンコになっていた胸郭は
自然な膨らみを取り戻すようになります
☆バストに自然な丸みやふっくら感が作りやすくなると伴に呼吸がしっかり出来るのでバストへの循環も整ってきます




一見

バストと呼吸って
関係がなさそうに思われるかもしれませんが
深い呼吸によってもたらさせる恩恵は
バストにとって嬉しいことだらけですよね!




私のレッスンでも
おっぱい呼吸法やおっぱいヨガなどで
バスト周りをしっかり緩めていきます



そしてそれを日常でもしっかり行ってもらうことで
バストケアをより有効なものに出来るんです



自律神経も整ってくるので
自然と心も女性らしくなってきます♡




もちろん

毎日ケアも出来れば最高です!




でももし

自分の時間がない、ケアの時間がないのであれば
時間も場所も取らない呼吸を行っていきましょう


移動中、眠る前、何か行動をしながらでも
呼吸って止まっている時間がないわけですから
いつでも取り組むことができますよね(o^^o)





バストの土台は呼吸でつくることができます


しなやかで女性らしい質のよい土台を呼吸で作り
質のよいバストを作っていきましょう(^o^)/


mamma spa
中村ひろ美

リボンバストやバストケアについて知りたい
セルフケアとして取り組みたい方は
レッスンにお越しください!

トップページinformationより
今月のバストケアレッスンについてご覧いただけます