天然のブラジャー【クーパー靭帯】のケアと回復

こんにちは、中村ひろ美です✩︎⡱


academyの講座スタートに伴い
バストのこと、女性ホルモンのこと
アウトプットの毎日を過ごしています



academyのアドバイザー、セラピスト講座では
技術面だけではなく
バストの解剖生理学から女性ホルモンのことまで
知識として学んでいただくこともたくさんありますが
それら一つ一つが実践で役に立ってくるんです

{BD0870C0-41CB-4C9E-9AD1-BD8BB763844A}


中でもバストの構造や仕組みについては
セラピスト、エステティシャンの方でも
知らない場合が多いので
1から学んでいただくこともたくさんあります

バストってつくづく奥深いなぁと思います

{59018049-BBBA-4C98-879D-5069246DE3AC}

バストの形の維持、形成には
皆さんが知っているクーパー靭帯が
重要な役割を担っていますが


クーパー靭帯というのは一本の太い靭帯ではなく
乳腺組織を守るネット状のサポーターのようなもの


一度切れると元には戻らないよー!!


と良く言われますが、
一本の筋が切れるというより
ネットに穴が空いていくイメージ


修復は絶対不可?なのかというと・・・
クーパー靭帯も身体のほかの部位と同じ
結合組織の一つ


肌のハリや弾力がケアによって取り戻せるように
クーパー靭帯だって
伸びたり緩んだ分の弾力やハリの回復が
ある程度は可能なのではないかと私は思っています
(切れてしまうと難しいかもしれませんね・・・)


ただしバストというのは
女性ホルモンの分泌の影響も受けますし
バストを支えるということは
脂肪や皮膚の質感、筋力なども合わさってくるので
変化が見えにくいのは事実かもしれません



だからと言って放ったらかしにしておけば
バストの下垂はさらに進行してしまいますし
時間が経てば経つほど、年齢を重ねれば重ねるほど
回復ケアにも根気と時間が必要になります



まずは日頃から
必要以上の負荷を靭帯にかけないように
下着などによるサポートをしたり
ケアによってバストの環境を整えておくことが大切


気がついた時、気になる前から
正しいケアやサポートの知識を
しっかり持っておくことがとても重要ですね!


今まで見て見ぬふりをしてきた年月が長いほど(笑)
時間をかけてケアに取り組む姿勢も大切です


意識と愛情をしっかりと注ぐことで
バストはそれに答えてくれます


クーパー靭帯だって
頑張ってくれるはずですよ!




是非一度、レッスンでバストのことケアのこと
それに伴う女性ホルモンのことを知って
毎日のケアに役立ててみてくださいね❤︎



🎀1月の【オトナ女子のためのバスト美容レッスン】
女性ホルモンのリズムに伴ったバスト美容を
毎日のセルフケアとして是非取り入れてみてください
何歳になってもバストも心も身体も美しくありたいですよね❤︎
お申込み、詳細はコチラをご覧ください→詳細


mamma spa中村ひろ美

🍀バストケアが学べるmamma spa academy
バストケアは女性のケアの要です
バストケアをメニューとして取り入れたいセラピストさんやサロン様にも!来期受講スケジュールの残席は残りわずかです→詳細



🌸女性ホルモンに圧倒的に強くなる
『美ホルモン塾』来期のお申し込み受付中です!
ご自身の美と健康のためにも
美容健康業界に携わる方にもオススメです→詳細



🎀『大人女子のためのバスト美容塾』
バストケアや美容情報をお届けしています
お友達になってくださいね❤︎
LINE ID検索→@mkj3912k